メニュー 閉じる

自分を知る⑥~動物占い(個性心理学)の場合






魔法のしつもん
メンタルコーチング

こんにちはヽ(´▽`)/
貴方の素敵な未来創りのお手伝い
メンタルコーチのタラさんです。

自分を知る、動物占いの2回目です。
12種類の分類では黒ヒョウだった私。
黒ヒョウもさらに数種類に枝分かれするようです。
それでは、具体的に見ていきましょう。

【黒ヒョウはさらに6分類に分かれます】

【情熱的な黒ヒョウ】

私の場合は分類表をチェックすると「情熱的な黒ヒョウ」でした。

性格

見た目は腰が低くとっつきやすいが、実は勝気でしっかり者。

感情の起伏が激しく、全てわかりやすく態度に出してしまうため、
他人に理解されないことも。

プライドが高く目立ちたがりだが、その為の努力はきっちりできる、
意欲や行動力が伴ったタイプ。

男性:繊細で感受性豊か

人見知りせず、誰とでもすぐに打ち解ける社交性の持ち主。
その上、美意識も高くオシャレに気を使っているスタイリッシュな人たち。

感情を隠さずストレートに表現できるが、感情の起伏が激しいため、
周囲がその変化についていけないこともしばしばあり、
変わり者と一蹴されることも。

細かいことには無頓着だが、身のこなしや服装はオシャレな人。
新しい情報をいち早くキャッチする感覚が優れている。
芯が強く、勝ち気で情熱家。

一度決めたことは絶対にあきらめない意志の強さの持ち主。
自分では意志の弱い、甘えん坊だと思っている。

社交家でどんなことにも熱心にチャレンジして行く情熱があり、
リーダーになる素質は十分。説得力のある話ぶりで仲裁役にもピッタリ。
押しが弱いのが難点。

動物占いの月、地球、太陽の3分類について】

動物占いの基礎に月(満月、新月)と地球と太陽という分類があります。

太陽、地球のスタンスは自分優先。
満月、新月の対人スタンスは相手優先ということになります。

個性心理学では地球グループは機械と例えられています。
機械ですので人間に例えると、水(人とべったり)をあげてしまうと疲れてしまうという考えになっています。

個性心理学では太陽グループは野生動物に例えられています。
野生動物なのでその日の自分の気分を大事にします。いわゆる気分屋さんが多いのもうなずけます。

個性心理学では月は植物と例えています。
植物なので水を与えた上げないと枯れてしまいます。
そのため人間関係に例えたときに、
なるべく一緒にいてあげるということが必要になってきます。

【黒ヒョウは月:いい人チーム】

◆性質として

・揉め事や争いがにがて「和」を大切にする。
・人との付き合いや愛情や友情が欲しい。先ず相手に合わせる。
・お金やものより気持ち。無形のモノが大切。
・信頼関係が大事。すぐに謝る。しつこく謝る。
・目指すは人格者
・いつでも、どんなことでもOK。

◆意外と・・・

素早く行動することは長所とともに
何か壁を感じた時にすぐに逃げてしまうという短所にも
つながることがあります。

これは、新しいものや流行りものについても同じで、
すぐに飛びついたのはいいのですが、
そのあとがなかなか続かないという結果にもつながる可能性があります。

自身が情報に敏感であるため、
情報に疎い人を避ける傾向があるかも知れません。

何事にもいい加減なことをしたり、
生活がルーズになっている人についても
好みの対象から外れてしまうでしょう。

開きっぱなしの壊れたシャッターの持ち主で、
誰でも受け入れてしまいます。
どうしてもシャッターを下ろしたい時は、
建物ごと破壊して相手との関係を完全に終結させてしまいます。

◆まとめ

3つのグループの中で唯一「相手軸」で生きる「月」。
自分の考えよりも相手が何を考えているかが気になるのです。

【魔法のしつもん】

「本当はどうしたいですか?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です