メニュー 閉じる

未来質問

ヽ(^0^)ノこんにちは。
貴方の素敵な未来を作るお手伝い
メンタルコーチのタラさんです。

さて、前回は、意識を向けたことにしか
ヒトの脳は五感を働かせないという話でした。
そこで今回は、どこに意識を向けるか、
「目標設定」についてお話したいと思います。

【未来質問】

「未来質問」というワークがあります。
先日、期末考査答案返却後、余った時間を利用してをやってみました。
これは、何でも願いが叶っているという前提で10年後の自分を想像し、
理想の自分に成りきってしまうワークです。

あるとき街を歩いていると、
10年ぶりに昔の友人にバッタリ出会うところからスタート。
友人はこう聞いてきます。「久しぶり!元気だった?今何しているの?」
貴方は、それに対してすぐさま答えを返します。(考えずに0.2秒で)
こうして、後は質問&答えの繰り返し。

導入として例の「ウサギとカメ」の話をして、
意識の向ける方向を確認します。
そして、2人一組みを作り、聞き役、今を語る役、
お互いの役割を理解させたら、あとはお任せ。
一斉にスタートさせました。

そうしたら、勝手に盛り上がる盛り上がる。
思い思いに理想の自分を語る生徒たちの表情が
明るいこと、明るいこと。
目も生き生きと輝いていました。

大事なことは「なりきる」こと。
ある男子生徒は、すっかりイッチョ前の大人になりきり、
ポケットに片手を突っ込み、タバコをふかしながら街中を闊歩していました。

0.2秒で答える。

これは、考えずに即答するということ。
考える時間が無いと困ると思われる人もいるでしょう。
大丈夫。
しつもんされた人は、自分の心の声(潜在意識)に耳を傾けそれを言葉にしていくのです。考えなくとも思わぬ言葉が口から飛び出すこともあります。
それが貴方の未来の大きなヒントになるかもしれません。

ですから相方は、いろいろな角度から「しつもん」をなげかけて見るのです。
そして相づちや「いいね!」のリアクションを忘れず、
「それで?」
「もっと聞かせて!」とツッコミを入れる。
そうすることで会話はどんどん弾んでいきます。
「上手く行っているコツは?」
「きっかけは何?」と聞いてみてください。
きっと素敵なアイディアが引き出されるでしょう。

【3D】

目標設定、未来を見つめる際のポイント。
・何でも叶うという大前提に立つ。
・もうすでにそうなっている自分がいると妄想でOK。
・夢・理想を否定し、夢・理想をぶち壊す言葉(3D)を吐かない。
 「でも・・・」
 「どうせ・・・」
 「だって・・・」


決してできない理由を探さない!
言葉の使い方は大事です。
ならば、「どうしたらよいかな?」「何ができるかな?」
上手く行く方法を考えてみることが大事です。

「叶う」という字に着目です。「口」+「十」すなわち言葉はプラスのポジティブな言葉を口にするのが、成功(目標達成)の秘訣です。
先ほどの3Dは「愚痴、言い訳、責任転嫁」のなにものでもありません。
せっかく夢見てもマイナスの言葉を「吐いている」限り、成功は手にできません。「叶う」ものも「ー」が足を引っ張ってしまうからです。

・目標がワクワク、ドキドキ心が揺さぶられるものかどうかが最大のポイント

【聞こえない、気づかない】

ワークに夢中になり、意識はお互いの対話に向けられています。
そうこうしているうちにあっと言う間にチャイムがなり、タイムアウト。
ところが誰ひとり、チャイムの音が聞こえていません。おしゃべりに夢中です。
そこで私は、そのままワークを継続させ、そっと教室をあとにしました。
そんな私にこれまた誰も気づきません。
「意識がそこになければ、聞こえるものも聞こえず、見えるものも見えない」まさに脳の仕組みをしっかりと証明してくれました。
あー楽しかった!

疑問を持つ人

「10年後の貴方はどんなことしていますか?」

108 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です