ブログ

月に思う。

投稿日:2019年2月28日 更新日:

こんにちはヽ(´▽`)/
貴方の素敵な未来のお手伝い
メンタルコーチのタラさんです。

自分を知るシリーズ。
結構続きましたね。

前回の「月」で思い出しました。
あのアポロ11号月面着陸。
私が小学校6年生の夏休みのことです。
今回は ちょっと そんなお話をします。

【 ファースト・マン  】

先日、連休を利用して家内と映画鑑賞へ行ってきました。
アポロ月面着陸計画。史上最も危険なミッションを成功に導いた
アポロ11号アームストロング船長の内面を描く「ファースト・マン」。

彼を支える妻、子供たちにものしかかる重圧、不安。
主人公の口はどんどん重くなる。
言葉でないコミュニケーションの取り方、
それをどう映像で表現するか・・・。
家族がテーマの映画と思って見ていました。

宇宙飛行士の訓練シーンが続く映画前半部分は、
正直言うと、
半分以上寝てしまいました。
発射・飛行・月面到着の場面も、
何十年も前のTV映像のほうが印象深いです。

当時、注目を浴びたのが同時通訳。
こんなすごい人がいるんだと
子供ながらに感心したことを覚えています。
西山千さんがNASAと飛行士たちとの交信を即時通訳し、
もうTVの前に釘付け。興奮していました。

丁度目が覚めたのが、
アームストロング船長が奥さんから責められる場面。

「貴方の言葉で子供たちに
 これから何が起こるのか、
 どんなリスクを 背負うのか、
 ちゃんと子供たちに説明してください。」

アメリカの威信を掛けた壮大な計画。
その任務は重大であり、
絶対の成功を求められている。

世間の期待は日に日に増すばかり。
それに対して妻の不安は日に日に募るばかり。
いままでの訓練過程で命の危険に何度もさらされた。
仲間の飛行士は 大きな事故に巻き込まれ、帰らぬ人となった。

「帰還できなかもしれない・・・」
妻はこの恐怖と闘っていた。
そんな妻からのリクエストに答え、
彼は静かに子供たちに語りかける。

【 沈黙の宇宙飛行士】

大成功に終わったアポロ計画。彼は瞬く間に時の人となった。
想像を超える1日平均1万通の手紙が来ていた。
サインや取材の依頼だ。
返事が滞ると「返事が来なくて傷ついた」という手紙が来る。
注目される生活が嫌になり、
帰還後、取材等にはほとんど応じなか ったそうだ。

父は
「アポロ計画は携わった40万人のチームワークがあったからこそ成功した」
と強調し、私たちに自慢することもなかった。
自分だけがスポットライトを当てられて、ヒーロー扱いされるのを嫌った。
家庭でも「尊大になってはいけない、常に謙虚でいなさい」と教えられた。
と語る次男マーク氏。

ニール・アームストロング宇宙飛行士

【月面着陸は捏造?】

一方で、「本当は月になんか行っていない!」という陰謀説も存在する。
聞く所によるとイギリス人の半分が月面着陸を信じてないはなしもある。
なぜかというと、BBCがエイプリルフールに放送したジョーク番組に
あるらしい。

キューブリック監督が捏造映像をつくったとかいう関係者証言や
影の方向、月面走行車のスロー再生云々とかも全部冗談企画だった。

昔、この放送を見たことがあります。それは一つひとつの場面をていねいに解説しておりました。但し、真実はわからない。向こうはエイプリルフールに国営放送や大手新聞が真面目にうそをやってしまうので。

【勇気付け 】

来日して次男マーク氏は新聞社の取材に次のように語った。

「重要なのは、多くの世界中の人が、偉業を成し遂げたことで希望をもたらされ、励まされたこと。どんなことでも努力を惜しまずに、これを絶対やってみせると思って一生懸命やれば、人類は捨てたものではない。無限の可能性があって、人はどんなことでもやってのける可能性を秘めているという、そういった激励や勇気、希望みたいなものを、多くの人々に与えられるというのはどれだけすばらしいことか、どれだけまれなことかと私は思う。」


2019年2月7日 毎日新聞

【魔法のしつもん】

「貴方の夢を叶える小さな一歩は何ですか?」

-ブログ

関連記事

 『甲子園の心を求めて』 ~樋口秀司先生との繋がり~

こんにちはヽ(^o^)丿貴方の素敵な未來を創るお手伝いライフメンタルコーチ/心理カウンセラーのタラさんです。 樋口先生との繋がりさらに深まります。今日もお付き合いくださると嬉しいです。 「勉強会」 毎 …

月に思う➁~「思いは招く」植松努氏の場合~

こんにちはヽ(´▽`)/貴方の素敵な未来創りのお手伝いメンタルコーチのタラさんです。前回、アポロ月面着陸のアームストロング船長について触れました。あの時のTV映像を食入いるように見ていた人のなかに、夢 …

「甲子園の心を求めて」  ~佐藤道輔先生の場合~

こんにちはヽ(^o^)丿あなたの素敵な未來創りのお手伝いライフメンタルコーチ/心理カウンセラーのタラさんです。今日もお付き合いくださると嬉しいです。 おにぎり 恒例の合宿。楽しみは昼ご飯。練習を終え、 …

恩師との思い出⑤~小俣先生2~

こんにちは。ヽ(^o^)丿 貴方の素敵な未來創りのお手伝い、 ライフメンタルコーチ/心理カウンセラーの タラさんです。 今回もお付き合いいただけると嬉しいです。 暗誦文例 いきなりですが、次の文を英作 …

恩師との思い出③

こんにちはヽ(^o^)丿 貴方の素敵な未來創りのお手伝い ライフメンタルコーチ/心理カウンセラーのタラさんです。 今日もお付き合いくださるとうれしいです! ジョウさん ジョウさんこと伊藤丈一先生は国語 …

<プロフィール>
設楽典宏(タラさん)
1959年 東京都 蒲田出身
ライフメンタルコーチ/心理カウンセラー
貴方の素敵な未來創りのお手伝いをします。
元社会科教員/野球部コーチ・部長・監督
立正大コーチ時代:東都リーグ1部初昇格に貢献。
西口(西武)、武田(日ハム)らを育てる。
國學院栃木時代:2000年選抜甲子園大会ベスト4。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。