ブログ

恩師との思い出

投稿日:

こんにちは。ヽ(^o^)丿
貴方の素敵な未來創りのお手伝い、
ライフメンタルコーチ&心理カウンセラーの
タラさんです。
今回も徒然に語らせていただきます。

ある日のHR

真新しい学生服に身を包み、毎日が新鮮で今日はどんなことが起きるだろうとワクワクしながら生活していた中学1年に向かって、担任伊藤先生がHRで告げた一言。

「そん時は落とし前つけろ!」


ひとり手を挙げて質問する者がいた。
彼は真顔で「先生、落とし前ってどういう意味ですか?」
先生も真顔で「そんなこともしらねーのか?」

この先生、すべてはこんな調子。

これは、新入生歓迎ソフトボール大会に臨むにあたり、
「絶対優勝!」と担任からの厳命が下ったHRの一コマ。

「もし、優勝できなかったときはどうするんですか?」の質問に対して

「坊主になれ!」

教室は騒然!
「がたがた言ってんじゃねーよ!わかったな!」 (担任)
「・・・・。」(生徒)

運命の日

いよいよ迎えた大会当日。各クラスA,Bの2チームを編成してのトーナメント戦。他のクラスは皆楽しそう。それに引き換え我が1年c組は皆表情が険しい。
初戦、両チーム勝利。幸先の良いスタート。だが、2回戦Aチームがなんと敗戦。がっくり肩を落とすメンバー。私もその一人。応援にまわった者も声が出ない。一方、Bチームは粘り強く勝ち上がり、決勝進出を決める。とにかくBが優勝すれば落とし前は免れるかも、皆かすかな望みを抱き、とにかく声を枯らして応援しようということになった。

結果は・・・

帰りのSHR(ショートホームルーム) であらためて担任からの総括。

「わかってんな!落とし前つけろ!」

これに対して、生徒から一斉に反対意見が噴出した。
要は「坊主になりたくないので別なことで勘弁してほしい!」だけ。
掃除、担任の雑用、黒板拭き等々、それぞれが勝手なことを言い出した。

「なんだよそれ。」私はあきれて聞いていた。
収拾がつかないまま時間が過ぎてゆく。

「わかったよ。じゃあ、どんな落とし前つけるのか各自紙に書いて明日までに提出しろ。」

ついに担任も折れた。

覚悟の決め方

その日、帰宅すると私は町内をうろうろした。 同じ道を何度も行ったり来たり 気が付くと明るかった空もすっかり日が暮れ、街灯やネオンが道行く人を照らす時間になっていた。

「つぎ見かけた店に入ろう。」

こうして、やっとの思いで入店。
初めて入る店だった。
お店の人と目が合わせられない。
待合場でソファーに腰かけ、漫画本を手にする。
ほどなく「次の方どうぞ」と促される。

「お兄ちゃん、初めてだね?」「どうする?」
「坊主にしてください。」
「えっ!」
「お願いします。」
「ホントにいいの?」
「はい!」

実は、行きつけの店が閉店して田舎へ帰ってしまっていた。
それで他の店に入る勇気が出せず、数軒あった場所を行ったり来たり
それでぐずぐずしていたのだった。。

店主は私の髪をシャンプーしながら事の顛末を根ほり葉ほり聞いてきた。
そしていきなり大きな声で店の奥にいた奥さんに呼びかけた。

「おーい。ちょっとこの子の話を聞いてやれよ。今時、なかなか聞けないよ。
へー感心したよ。」

こうして、小一時間後、私は生まれて初めて坊主頭になったのである。
帰り道、人に見られるのが なんだか 恥ずかしくて 家まで 走り続けたのは
言うまでもない。

進化

翌日、教室に入ってもすぐに学帽(当時は全員着帽)を脱ぐことはできなかった。だが、クラスメイトは すぐに 気が付いた。

「あっ坊主になってる!」

結局、ふたを開けてみれば坊主になっていたのは私ともう一人だけ。
(情けない奴ら)

坊主になって感じた事。

  • バリカンの刃が初めて頭皮に触れた時の何とも言えない冷たさは忘れない。
  • 妙に身軽くなり、心も軽くなった。
  • たかが髪の毛、すぐ伸びる。気持ちが大胆になった。

床屋に行くときは、どこかに躊躇する自分がいた。勇気が出せなかった。自分だって情けない。でも、この壁を超えると違う世界が待っていた。
小学生生気分は一気に吹っ飛び、児童から生徒に切り替わった瞬間だった。

雪駄履きで常に木刀片手に校内を闊歩していた伊藤丈一先生。
中1の生徒にとっては、ちょっと刺激が強すぎましたね。

続きは、また次回。

最後までお読みくださりありがとうございました。

魔法のしつもん

「初めての体験をするとき、どうしたら緊張が解けますか?」

-ブログ

関連記事

『甲子園の心を求めて』~樋口秀司先生との出会い~

こんにちはヽ(^o^)丿 貴方の素敵な未來創りのお手伝い ライフメンタルコーチ/心理カウンセラーのタラさんです。 『甲子園の心を求めて』には幾人もの「闘志ある若者」が登場します。そんな中で幸い直接お会 …

恩師との思い出③

こんにちはヽ(^o^)丿 貴方の素敵な未來創りのお手伝い ライフメンタルコーチ/心理カウンセラーのタラさんです。 今日もお付き合いくださるとうれしいです! ジョウさん ジョウさんこと伊藤丈一先生は国語 …

「甲子園の心を求めて」  ~佐藤道輔先生の場合~

こんにちはヽ(^o^)丿あなたの素敵な未來創りのお手伝いライフメンタルコーチ/心理カウンセラーのタラさんです。今日もお付き合いくださると嬉しいです。 おにぎり 恒例の合宿。楽しみは昼ご飯。練習を終え、 …

先生になると決めた日

こんにちはヽ(^o^)丿貴方の素敵な未來創りのお手伝い ライフメンタルコーチ/心理カウンセラーのタラさんです。 今日もお付き合いいただけると嬉しいです! 新聞記事 ある朝、一つの新聞記事に目が留まった …

恩師との思い出④~小俣先生~

こんにちはヽ(^o^)丿 貴方の素敵な未來創りのお手伝い ライフメンタルコーチ/心理カウンセラーのタラさんです。 今日もお付き合いくださるとうれしいです! 雑談 「私の話が大げさに聞こえているうちは本 …

<プロフィール>
設楽典宏(タラさん)
1959年 東京都 蒲田出身
ライフメンタルコーチ/心理カウンセラー
貴方の素敵な未來創りのお手伝いをします。
元社会科教員/野球部コーチ・部長・監督
立正大コーチ時代:東都リーグ1部初昇格に貢献。
西口(西武)、武田(日ハム)らを育てる。
國學院栃木時代:2000年選抜甲子園大会ベスト4。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。