子どもたちの可能性をぐんぐん伸ばすために。

ブログ

恩師との思い出⑤~小俣先生2~

投稿日:2019年10月8日 更新日:

こんにちは。ヽ(^o^)丿

貴方の素敵な未來創りのお手伝い、
ライフメンタルコーチ/心理カウンセラーの
タラさんです。
今回もお付き合いいただけると嬉しいです。

暗誦文例

いきなりですが、次の文を英作文してください。

①ナイル川はビクトリア湖に源を発し地中海に注ぐ。
②彼女の母は歳の割に若く見える。
③その本は読んでみたら易しかった。
④私はあなたからの手紙が待ち遠しい。
⑤覆水盆に返らず。

如何でしたか?
そんなに簡単ではありませんよね?
もしかすると惨敗の方も・・・。
解答は後程。

 さて、小俣先生は英語がご専門。生徒の英語力を向上させるためにオリジナル教材を必ず準備する。それが「小俣の暗誦文例」。文法事項・語法・構文のエッセンスを網羅した基本例文集のことだ。上記の例文はその一例である。これが とんでもない教材で、生徒たちを鍛え上げる最強のツールになっていた。

英文法の時間

まず、準備段階として

  • 文法事項ごとに 例文を まとめたプリントが20数枚配布される。
    トータルの例文はおよそ600文。
  • 導入期の授業は、このプリントの各例文の解説。
  • これと同時に、生徒は各自ノート1冊用意し、その見開きの左ページには日本語訳を、右ページにはその文に対応する英文を書き入れていく。
    今みたいにワープロなどありません。すべて手書き作業。
  • 期日までに自前のノートを完成させる。

こうして全員がノートを完成させると、いよいよ本格的な暗誦の授業がスタートとなった。

 授業は、指名された生徒から順番に、ノートの日本語ページだけを見て英文を暗誦していく。ただそれだけ。交代のタイミングは先生の裁量で決まる。ただ、少しでもつっかえたり、文が思い出せないと、その時点で「次!」といわれ交代となる。日ごろから何度も繰り返して音読・暗誦をしておかないとクラスの皆にも迷惑をかけてしまう。しっかり勉強しているか、しっかりトレーニングを積んでいるかが一目瞭然であった。一コマの時間でほぼ最低3~4巡はしたと記憶している。 こうして、いわば身体を使って英文を覚えていくトレーニングを繰り返していった。 それは緊張感にあふれた時間であった。授業が終わるとドット疲れが出たことを思い出す。

 次の段階になると、先生が適当に開いたページから、その日の暗誦がスタートするようになった。どこから始めてもうろたえない自信を日ごろから養っておくしかなかった。「人が暗誦している時、余裕のあるものはポイントとなる単語だけでも書いてみろ」こんな指示も出た。

 ある日、先生は「今日はテストをする」と言い出した。先生から合格をいただけないと下校できない。その場で先生が開けたページ から暗誦する のがお約束だった。合格の基準はつっかえずに滑らかに暗誦すること。授業中に合格をもらえなければ、休み時間、放課後を使って各自がトライするスタイル。その日の放課後は他のクラスの生徒も数多く残っており、職員室前の廊下にはテスト順番待ちの長い列ができた。友達同士で何度も読み合わせている姿もあちらこちらの教室で見られた。練習を重ね、意を決してトライするが、審査は厳しく何度もはねられた。これ、すべて 先生お一人で対応。結局、完全下校の時間になっても合格できない生徒が私を含め40~50名はいた。さすがにこれ以上は時間が許さず、「練習不足!」とのお言葉をいただき解散となった。自分が情けなかった。

入念な準備  

先生には強い信念があった。

「この暗誦文例をマスターすれば、麻布・開成など君たちの敵ではない!」

先生の口癖 だった。超有名進学校の生徒と肩と並べても負けはしないと豪語。ホント鼻息荒かった。それだけ自分のオリジナル教材に自信があったのだ。

実はこの授業、私が中学校3年生での取り組みだ。後で分かるのだが、内容は大学入試レベル対応の参考書に匹敵するものだった。この授業を行うにあたり先生の頭の中には入念なプランがあった。

何事もいきなりは無理がある。
そこで、身体慣らし、頭慣らしの期間をちゃんと設定していた。

中学校1年生の2学期、先生は全員に宿題を課した。

「リーダーの教科書全ページの英文とその日本語訳のノートを作成せよ!」

その後の授業は、暗誦文例の授業展開とほぼ同様だった。つまり、教科書の文章を暗誦させられていたのだだった。すべては「オリジナルテキスト」を使った暗誦の授業を展開するために。

あらためて

こんなこともあった。

電車の中でプリントを見ていると、隣に座っていた男性が時よりプリントに視線を送ってくる。最初はチラチラという感じだったが、しばらくするとジッと見ている。時にグッとのぞき込んでくる。ちょっと煩わしかった。
そのうち、声を掛けてきた。

「君、何年生?」
「はい、中学3年です。」
「えっ!中学生なの!?」
「はい。」
「これを勉強しているの?」
「ええ。」
「すごいことやっているんだね~!」

今思うと、この男性、どこかの学校の英語教員だったのかもしれない。
この暗誦文例の価値をわかる人だったのだろう。

この暗誦文例のおかげで文法の穴埋め問題はてきぱきと処理できるようになっていった。

自慢じゃないが今でも部分的にはまだ暗誦できる。
反復ってすごい。
ボロボロになったノートは私の大事 な宝物だ。

ちなみに冒頭の和文英訳の解答は
①The Nile rises from Lake Victoria and flows into the Mediterranean sea .
②Her mother looks young for her age.
③I found the book easy.
④1 am looking forward to hearing from you.
⑤It is no use crying over split milk.

なんだかもう一度ノート出してきて暗誦してみたくなった。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
では、またの機会に。(^o^)/

魔法のしつもん

「かつて懸命に覚えたことで、今でも忘れずにいることは何ですか?」

-ブログ
-

関連記事

今年の漢字、来年の漢字。えっ、もう来年?

こんにちはヽ(^o^)丿 貴方の素敵な未来創りのお手伝い STRメンタルコーチ/CO(コミュニケーション・オフィサー)のタラさんです。 もともと高校野球の指導者になりたくて教員の道を選んだ私。 がむし …

先生への道~面接試験~

こんにちはヽ(^o^)丿ライフメンタルコーチ/心理カウンセラーの タラさんです。今日も最後までお付き合いくださると嬉しいです。 面接 面接は校長先生との2者面接だった。私は緊張で張りつめていた。先生は …

まだ間に合うぞ。もう一度見直そう2020年今年のゴール設定

こんにちはヽ(^o^)丿 貴方の素敵な未来創りのお手伝い STRメンタルコーチ/CO(コミュニケーション・オフィサー)のタラさんです。 もともと高校野球の指導者になろうと教員の道を選んだ私。 がむしゃ …

イチローさんに望む

こんにちはヽ(^o^)丿貴方の素敵な未来創りのお手伝いSTRメンタルコーチ/CO(コミュニケーション・オフィサー)のタラさんです。 もともと高校野球の指導者になりたくて教員の道を選んだ私。がむしゃらに …

1分で伝えよう!~人は話しを聞いてはいないよ~

こんにちはヽ(^o^)丿貴方の素敵な未來創りのお手伝いライフメンタルコーチ/心理カウンセラーのタラさんです。 もともと高校野球の指導者になりたくて教員の道を選んだ私。がむしゃらに練習しました。しかし「 …

プロフィール
設楽典宏(タラさん)
1959年 東京都 蒲田出身
STRメンタルコーチ
COコミュ二ケ―ションオフィサー/心理カウンセラー
貴方の素敵な未來創りのお手伝いをします。
元社会科教員/野球部コーチ・部長・監督
立正大コーチ時代:東都リーグ1部初昇格に貢献。
西口(元西武)、武田勝(元日ハム)らを育てる。
國學院栃木時代:2000年選抜甲子園大会ベスト4。
昌平高校時代:2012年選抜大会21世紀枠県推薦校。

2020/02/12

第132号 メンタル(心)を強くしようと無理しなくても大丈夫

2020/02/07

第131号 高校野球不祥事処分発表を見て思ったこと

2020/02/04

第130号 成功者は時間を味方にした人

2020/02/04

第129号△タイプはこんな人

2020/02/02

第128号 大人は黙って見守り生徒たちを信じてあげればスゴイことになる ~都新宿高校ベースボールアカデミーの取り組み~

2020/02/01

第127号 〇タイプはこんな人

2020/01/30

第126号 リーチマイケル氏の対談にカミさんが行ってきた今回はその様子を又聞きでまとめてみた

2020/01/29

第125号 □タイプはこんな人

2020/01/29

ある選手の告白 その思いから生まれた画期的な大会 監督怒らないでね! 

2020/01/27

STR(素質適応理論)これは使えます!高校野球の現場からこんな声をいただきました

2020/01/27

人を見て法を説いてますか?

2020/01/23

人類史上初の「たわごと平和論」に触れてみた。

2020/01/21

いよいよ高校入試スタート!その前に思ったこと。

2020/01/21

ブレイクスルーの鍵は「〇〇〇〇のふたを開ける」こと!

2020/01/18

まだ間に合うぞ。もう一度見直そう2020年今年のゴール設定

2020/01/17

 戦略・戦術で体格差もカバーできる

2020/01/17

「自由」と「他由」とは? 相談を受けて仕事について考えたこと

2020/01/15

今年2020年の最高開運日ご存じですか?

2020/01/14

先生はいいました。勉強なんかできても、できなくてもよい。

2020/01/13

【成人の日】 新成人に向けてのメッセージを創ってみた

2020/01/13

変態の勧め!?こうでなきゃ!

2020/01/12

必見!もっと早く知りたかった。きっとそう思うよ。

2020/01/11

心がラクになる12の質問に答えてみた~『PHPスペシャル1月号』自分にやさしくする練習より~

2020/01/09

中学入試前に思う 私のお受験理由は地元中学に「〇〇〇がない!」から

2020/01/08

フロー状態、夢中になる!

2020/01/07

「何故勉強するの?」こう聞かれたら何と答えますか?

2020/01/06

「しつもんコンサル」これ最幸!

2020/01/05

自分で自分を励まそう~未来の自分への〇〇~

2020/01/04

正月休みから仕事モードへの切り替えどうしてます?

2020/01/03

目標設定する時の魔法のしつもん

2020/01/02

高校サッカー注目の対戦をSTR的に大胆予想してみた。

2020/01/01

新年に思う

2019/12/31

100記事達成!牛歩の歩み。これからも書きますよ。

2019/12/31

水瓶座の2020年の運気を見てみると…

2019/12/30

打ち上げは「感情」の整理

2019/12/29

小さなことに気づく人になる~掃除のお話し~

2019/12/27

『育成の本質』筆者達から学ぶ

2019/12/27

年末、掃除進んでいますか?あの人みたいに断捨離に励んでみよう!

2019/12/25

クリスマスのプレゼントどうされました?

2019/12/25

「割りばし切り」体験 固定観念をぶっ壊せ~しつもんメンタル講座②より~

2019/12/25

しつもんメンタル講座②開催しました~コミュニケーションについて考えてみた~

2019/12/24

今学期(今年)を振り返る6つのしつもん

2019/12/24

「ボケ!」って暴言?何かおかしくない?

2019/12/23

クリスマスの日は例年合宿だった~冬期強化合宿の思いで~

2019/12/21

タフな人間に鍛え上げる全人教育~県立浦和高校の場合~

2019/12/20

イチローさんに望む

2019/12/19

「しつもん授業」をお届けにあがりました。

2019/12/18

生きる力の養成

2019/12/16

自分の人生、主人公は誰?

2019/12/16

メルマガ、オンラインサロンから学ぶ。~夢の実現~

2019/12/15

今年の漢字、来年の漢字。えっ、もう来年?

2019/12/14

脳が緑になってますか?

2019/12/14

シャンパンタワーの法則

2019/12/13

『愛のコーヒーカップ』

2019/12/13

STR(素質適応理論)のCO(コミュニケーション・オフィサー)になりました。

2019/12/02

言葉を越え、国境を越えたコーチ仲間の集い。

2019/11/29

こうすれば来年のスタートはまちがいなく良くなる!

2019/11/27

1分で伝えよう!~人は話しを聞いてはいないよ~

2019/11/27

生徒を変えようとせずに自分が変わってみよう!

2019/11/24

「敵は我にあり」~本当の勝利至上主義とは~

2019/11/23

パワハラと言われない接し方

2019/11/22

面接はお見合いと一緒。何を伝えるかがポイント。飾らずに自分本来の姿を見せよう。

2019/11/20

プロスケーター織田信成モラハラで提訴~〇□△で考えてみた

2019/11/18

「自分で考える力」育むノートを、全国の子どもたちに!

2019/11/17

修学旅行、これだけは伝えておきたいこと

2019/11/14

「与える人」それとも「奪う人」?~かばん持ち体験から~

2019/11/13

「しつもんの授業」をお届けに上がりました。

2019/11/12

新教師五者論~5つの顔を使いこなせ~

2019/11/11

日本人の失ったもの~森校長の言葉②~

2019/11/10

日本人の失ったもの~森校長の言葉~

2019/11/08

メンタルコーチ夢のコラボ ~目指す世界は一緒だった!~

2019/11/03

プロ意識ってなんだろう?②

2019/11/02

プロ意識ってなんだろう?

2019/10/31

「〇〇〇が大事じゃね~の!」私を木っ端みじんにした答案。

2019/10/29

これで人間関係のお悩みは解決~最強ツールに出会いました~

2019/10/26

カンニングを未然に防ぐには~試験監督の心得~

2019/10/24

試験中に寝てしまう生徒への対応~私のこだわり~

2019/10/23

いじめ被害者の代理で加害者に「〇〇〇!」と叫んだあの時

2019/10/22

イライラしない親になる講座開催しました。~メンタルコーチとしての仕事~

2019/10/17

先生への道~面接試験~

2019/10/16

先生への道

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。