プロフィール

設楽典宏 1959年 東京蒲田生まれ。

38年間学校現場で担任・学年主任、生徒指導部長、副教頭を歴任する。その間、教科指導はもちろんだが、生徒・保護者の悩み相談、問題行動、マスコミ対応など最前線で仕事をしてきた。

同時に野球部の顧問を務め、「甲子園」を目指す日々を送る。2000年の選抜甲子園大会では全国ベスト4に入る。その際高野連から「出場校中、最も高校生らしいチーム」とのお褒めの言葉をいただいた。

一時期、大学野球の現場に身を置き立正大学を創部初の1部昇格に導いた。プロ野球界へも人材を送り出し、東都リーグ1部常連校の礎を作った。

常に自己研鑽のための時間を見つけては各種講座、セミナーを受講。アップデートに努めている。そこで「スキル」よりも「心の在り方」「メンタル」の重要性を再認識。「しつもん」「コーチング」「カウンセリング」を学び、従来の指導法だけでなく、対等なヨコの関係に立ったアプローチを実践中。

「パワハラ」問題が噴出している日本の現状を憂い、ひとりでも多くの人の「素敵な未来を創るお手伝い」をモットーに活動している。

サポート実績:
小中学生水球チーム、高校バスケットボール部、高校ラグビー部向け講座・セミナー開催。社会人ボッチャ選手、大学ラクロス選手、大学野球選手等々個人セッション実施。その他個別セッション実施。

投稿日:2018年10月30日 更新日:

<プロフィール>
設楽典宏(タラさん)
1959年 東京都 蒲田出身
ライフメンタルコーチ/心理カウンセラー
貴方の素敵な未來創りのお手伝いをします。
元社会科教員/野球部コーチ・部長・監督
立正大コーチ時代:東都リーグ1部初昇格に貢献。
西口(西武)、武田(日ハム)らを育てる。
國學院栃木時代:2000年選抜甲子園大会ベスト4。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。